チワワにおすすめのドッグフード

チワワに最適なドッグフードとは

餌を食べるチワワ

あなたは愛犬のチワワにどんなドッグフードを与えていますか?私はいま8歳になるチワワと暮らしていますが、一年に1,2回特別な時を除き、基本的にはずっとカリカリのドライフードを与えています。

 

 

気分転換にと果物をあげたときにゆるいかも?ということはありましたが、おかげさまで下痢をしたことは本当に一度もなくこれでよかったなと思っています。なぜずっとチワワにドライフードをあげているかと言いますと、飼い始めのころの獣医さんのアドバイスを始め、その後いろいろと知識を得たからなのですが簡単にまとめてみます。

 

 

チワワにドライフードが最適な理由

・小さいチワワは顎が弱りやすいのでカリカリとかみごたえのあるドライフードは歯を丈夫に保ってくれる
・ウェットフードより歯垢がたまりにくい(口臭、歯周病予防)
・保存も利くし、コストパフォーマンスもよい!   など。

 

 

この辺りはよく知られていることかと思います。他にも思う事としてはドライフードは品質が安定しているし、安心なものを選びやすいという点があります。やはりドッグフードも健康志向ということで、無添加のもの、肥満の防止・健康維持・シニアなのでということで高タンパク・低カロリーのものというポイントで選ぶのですが、半生タイプや缶詰などの生タイプはそれがどうも探しにくいのです。

 

 

添加物や保存料は体に悪いということは人間も犬も同じですし、なによりドッグフードに使われている原料の肉は人間と違い、厳密な規定や取り決めがなく品質がどうしても心配なことがあります。

 

 

また安易に食い付きをよくするため、人間の好みで香料や着色料を大量に使っているものも多いと聞きます。その結果、病気を引き起こすことも。いちばん身近な外としては涙やけです。あれはチワワに多い病気と言われていますが、体質のほかに原因として添加物の多いフードが多くあげられ、良質のものに変えると改善することが多いというのはよく知られています。

 

 

ですのでこれらの良質な原料で作られたフードを選ぶのはもちろん、チワワ用としては小粒で食べやすい種類を選んであげてください。

 


チワワにおすすめのプレミアムドッグフード

カリカリドッグフード

では、具体的にはどのドッグフードがよいのか。老犬になってからのことも考えると、健康にこだわったプレミアムドッグフードがおすすめです。まだ若いときは市販のものでもすぐに病気をするようなことはないですが、長く健康を維持するためにはやはり、良質なものがおすすめです。

 

 

ここ数年でプレミアムドッグフードにも様々な種類のものが販売されていますが、その中でも特にチワワにオススメなものがナチュラルドッグフードとカナガンドッグフードの2種。どちらも高たんぱく質低炭水化物でワンちゃんの健康をサポートします。2種の特徴や違いなどは以下の通り。

 

 

チワワにおすすめの厳選ドッグフード

チェック

カナガンドッグフード

カナガンドッグフード

骨抜きチキンと乾燥チキンをブレンドしたイギリス産のドッグフードです。穀物を一切使用しないグレインフリーで、胃腸への負担がかかりにくいのが最大のポイント。関節炎に良いとされるグルコサミン、コンドロイチンも配合され、高齢による足腰の衰えを助けます。カナガンは、プレミアムドッグフードの中でも犬の食いつきに定評があるため、偏食がちなワンちゃんにおすすめです。チワワが食べやすい小粒タイプ。

 

公式サイトカナガンドッグフード

チェック

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフードは、主原料にラム肉を使うことでカロリーを抑えているため、チワワの肥満防止に役立ちます。また、アレルゲンになりやすいとされる小麦、大豆、とうもろこし、乳製品、牛肉、豚肉は一切不使用。膝蓋骨脱臼予防などで肥満を解消したいワンちゃんにおすすめです。1日の給与量が通常の約2分1でプレミアムドッグフードでありながら比較的コスパが良くなっています。7ヶ月からシニアまでのすべての犬種に対応。

 

公式サイトナチュラルドッグフード

 


チワワとカナガンドッグフード

カナガンドッグフードがチワワにオススメな理由をまとめました。チワワのドッグフード選びに迷っている方は参考にしていただけると幸いです。

 

 

チワワにカナガンドッグフードがおすすめな理由

 

小粒タイプでチワワでも食べやすい

カナガンカナガンドッグフードは、口が小さな小型犬でも食べやすい小粒タイプ。肉含有量が高いため粒の大きさに多少のばらつきはありますが、平均1cmくらいになっています。平たくて真ん中に穴が開いているため噛み砕きやすく、丸呑みを防ぎます。慌てん坊のチワワでも安心ですね。

 

カロリー調整フードで肥満を防止

穀物カナガンは、100g当たり約360kcal肉含有量が高いにもかかわらず、穀物フリーを採用しているため低カロリーになっています。肥満による脚の骨折や心臓疾患の予防にも。グルコサミン・コンドロイチン配合で老犬の食事としてもおすすめです。

 

 

主原料には犬の嗜好性の高いチキンを使用

鶏チワワの大好きなチキンを主原料に使用。もちろん個体差はありますが、メーカーアンケートでも食いつきに関する評価は上々です。乾燥チキンに骨抜きチキンの生肉をブレンドすることで、犬の嗜好性をさらにアップ。小食・偏食がちなチワワにもおすすめです。

 

 

 

カナガンの給餌量は?

 

チワワに与えるカナガンの給餌量は、体重2kgの場合で1日約50g。個体差があり、年齢、活動量、代謝、住環境等によっても給餌量は変わってきますので、平均値としてお考え下さい。

 

 

ちなみに、活動量が少なく太り気味のワンちゃんの場合は10%少ない45g、逆に活動量が多くやせ気味のワンちゃんには10%多い55gで与えるとちょうど良いです。また、老犬の場合は様子を見ながらもう少し量を減らすと良いでしょう。子犬の場合は、以下を参考にしてください。

 

2〜3ヶ月

4〜5ヶ月

6〜7ヶ月

8〜9ヶ月

10〜11ヶ月

12ヶ月〜

65g

85g

95g

85g

65g

50g

 

 

もしほかのドッグフードから切り替える場合は、いっきに変えるのではなくて少しずつ変えた方が内蔵への負担を減らせます。7日程余裕を見て少しずつカナガンの割合を増やしていきましょう。

 

やじるし

 

>>カナガン通販割引特設ページはこちらカナガンドッグフード