サマーカットについて | チワワの飼い方

チワワのサマーカットは必要?

トリミングする女性

暑い夏、ぐったりとしているのがかわいそうで毛を切ってあげたいと夏の間だけサマーカットを勧められることも多いチワワですが、いくつか注意しないといけないことがあるのをご存知でしょうか。

 

 

チワワにサマーカットをしてもよい?

 

暑さにも弱いチワワ、抜け毛の対策とも合わせて、全身の毛をプードルやシーズーのようにカットするということも少なくないのですが、むやみに行うのはよくありません。

 

 

最低限のお手入れとして、肛門の周り、足の裏・肉球の間から延びる毛、目に入ってしまう長い毛はカットすることにとどめることを勧めるトリマーさんも多いです。

 

 

夏の間、おなかのあたりだけを丸刈りにするサマーカットもですが、チワワにとって毛が無い状態は普通ではありません。急にそういう状態にすると体温調節がうまくできず、おなかが冷えて下痢をしたり、それまでと同じようにクーラーの風に当たってしまって冷えすぎるなど別の弊害が出ることもあります。

 

 

またカットした毛がちくちくと皮膚を刺激し荒れてしまって湿疹ができるなんてこともあります。どうしても行う場合は体調を見て、具合がよくない時は無理をして行わないようにしましょう。

 


チワワのサマーカットで注意すること バリカンはNG

NGを出す獣医

実はプードルやシーズーと違い、毛が長く伸びないチワワはバリカンを入れて無理矢理毛を飼ってしまうと毛質が変わることが多くみられます。ほとんどが、不自然にうねったカールが出てしまったり、ところどころ長くなったり、短くなったりと長さがそろわなくなったり、ひどいともう生えてこなくなるというケースまであります。

 

 

プロのトリマーさんでもどうなるかは、その子の体質次第なのでわかりません。しかし一度バリカンを入れてそうなってしまうと戻ることはほとんどありません。後で後悔しない為にも、カットが必要な場合は最低限に、行う場合はハサミを使ってもらうようにしましょう。

 


それでも暑そうだから心配?

ブラシ

そうはいっても毛は見た目からして暑そうに思いますが、人間でも服を着ている方が裸よりも涼しいのと同じでチワワにとってはあるのが自然な状態です。安易に毛を刈るよりも毎日のブラッシングのお手入れで健康な被毛と皮膚を保ってあげる方がより健康的です。

 

 

着ているだけで体温を逃がし、熱を下げる効果のある素材の洋服や、首の動脈を冷やす効果のあるバンダナなど、普段から暑さ対策に使えるグッズもたくさんあります。まずはそちらから試してみるのはいかがでしょうか。