同居者に犬アレルギーがいる場合

犬アレルギーの原因と症状

犬アレルギーという病気をご存知ですか?犬の近くにいたり、触ったりするとアレルギー反応が起こるというものです。

 

 

主な症状は、くしゃみ、鼻水、咳などの呼吸器のトラブルやかゆみ、湿疹など皮膚のトラブル、目の充血など、人によって違います。程度も違うため、軽い方は動物アレルギーだと気づくのに時間がかかることも。

 

 

そもそもアレルギーとは、体内に何か異物が入ってきたときに、それを排除し自分を守ろうとする免疫系の自然な働きです。本来守るべき自分を逆に苦しめてしまうという状況ですね。

 

 

アレルギーを引き起こす物質をアレルゲンまたは抗体といいますが、何がそのアレルゲンにあたるかは人それぞれ個人差があります。犬アレルギーと一言で言っても、そのアレルゲンは犬の毛だけでなく、糞であったり舐められた唾液に反応したりとその原因もさまざまです。またひとつであるとも限りません。

 

飼い主自身が犬アレルギーの場合は飼わない方が良い?

犬アレルギーかもという心当たりがある方は、犬を飼うまえに検査をしておくと安心です。万が一、犬を飼った後にアレルギーが判明すると飼い主も犬自身も辛い思いをすることになってしまいます。

 

 

では、もうすでに犬アレルギーとわかっている場合、犬は飼わないほうがよいのでしょうか。この点に関しては、一概に全てのケースがだめとは言い切れません

 

 

詳しくアレルギーの状態を知るためには、病院で検査を受けるようにしましょう。検査によって、どのアレルゲンに、どれ位反応があるのかレベルがはっきりわかるからです。その結果とお医者さんとの相談で、最終的に判断をしてください。軽度であるなら、場合によっては飼うことが可能なケースもあります。

 

 

犬種や個体によっては犬アレルギーでも比較的飼いやすい犬種もありますし、「犬アレルギー=犬は飼えない」というわけではありません。

 

 

しかし、あまりにアレルギーのレベルが高く、症状が重症という診断が出た場合には慎重に検討したほうが良いでしょう。なぜなら普段は大丈夫でも、体調が悪いときにアレルギー発作が起こった場合は深刻な体調不良に陥ることも考えられるからです。そうなってからでは犬の世話にも困ることになるので、控えたほうが良いでしょう。

 

犬を飼った後に飼い主または同居者がアレルギーを起こした場合の対処法

次に、犬を飼い始めてから、犬アレルギーが家族や自分に発覚した場合にどうしたらよいかを考えてみましょう。犬も人間同様家族ですから、飼い始めてからわかったというととても困りますよね。

 

 

このケースに関しても、症状が出ている原因を詳しく知る必要がありますので、まずは病院でアレルギー検査を受けることをお勧めします。犬アレルギーといっても、犬の自体の毛なのか、唾液なのか、糞なのか、また犬ではなく、犬の毛に付着している何かが原因である可能性もあります。検査をして、何が原因かがはっきりわかれば、その原因であるアレルゲンをできるだけ排除し、アレルギー反応を抑えることができます。

 

 

そして、犬のお手入れについてですが、やはり一番の原因は、毛であることが多いですので、こまめな犬のお手入れが有効です。丁寧なブラッシング、シャンプーを心がけましょう。

 

ブラッシングで注意すること

ブラッシングは抜け毛を部屋に落とす原因にもなるので、行う場所を決めて終わってからきちんと処理をしてください。シャンプーの回数が多すぎると皮膚の乾燥や炎症が起きやすく、余計にフケを増やしてしまうことになることもあります。犬の体調にも、気をつけて行ってあげてください。

 

 

また家族のほうも、こまめに手洗いを行い、空気清浄機を稼動させるなど心がけると良いでしょう。そして、一番お勧めなのが、家の中で犬が出入りできる空間を制限するという方法です。アレルゲンを排除した状態でゆっくり確実に過ごせる空間を確保するという目的で、犬の行動範囲を柵やゲージで区別するのです。

 

 

一番多いのが、寝室です。後はリビングなどもですが、そのアレルギーを持つ人が家の中で過ごす時間が長いところを、犬が出入りできないようにしておくのです。

 

 

しかし、これまで自由に行き来できていた場所に突然、入れなくなったり、柵ができたりすると犬がストレスを感じたり、急に不安になったりすることも考えられます。その場合は犬にそれ以上の愛情を注いで、新しい環境になれるケアをしっかりしてあげてください。

 

チワワを外飼いしてもいい?

家の中のアレルゲンを完全になくすため、チワワを室内から室外へ移して飼うのはだめなのでしょうか。考えただけで、かわいそうな気もしますが、かといってアレルギーのことを思うと検討してしまうものです。

 

 

結論から言いますと、チワワはもともと室外飼いには向いていませんので、やめたほうが良いでしょう。チワワの原産は、メキシコという温暖な国です。そのため寒さにはもともと弱い犬種です。温度調節が苦手な犬種ともいえます。そして体が小さい分体面積が少なく体高も低いので、地面の温度の影響を特に受けやすいことも、外では飼うことに向いていない理由です。散歩に関しても地熱の影響を受けやすいので気をつけるように言われるほどです。

 

 

パワーがある犬種とは違い、カラスや猫などの外敵にも狙われやすいです。そして何よりチワワは寂しがりで、ご主人への忠誠心、依存度が高い犬種です。外に出したときのストレスも相当なものになると思いますので、やめておきましょう。