膝蓋骨脱臼 | チワワの飼い方

膝蓋骨脱臼ってどんな病気?かかりやすい犬種は?

膝蓋骨脱臼とは、膝のお皿が本来あるべきところからずれて脱臼してしまう病気のこと。完全にずれてしまうことを脱臼といい、少しだけずれることを亜脱臼といいます。

 

 

原因は色々ありますが、チワワやトイプードルなど小型犬がかかりやすい病気の一つです。生後4ヶ月頃から膝蓋骨脱臼を起こしやすくなり、メスの方がオスより1.5倍も発症しやすいというデータがあります。

 

 

膝蓋骨脱臼にかかりやすい犬種

チワワ、トイ・プードル、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、マルチーズ、ラブラドールレトリバーなど

 

膝蓋骨脱臼の症状は?

膝蓋骨脱臼の症状は歩き方に出るのですぐに分かります。脱臼してしまっているのでその足をかばうように歩きます。その他、人間が触ると嫌がったり、脚が曲がったままスキップのように歩くことがあります。

 

 

重症度によってグレード1〜4までに分けられ、グレード1、2の段階では自然に治ることもあり日常生活に影響を及ぼしませんが、3以降になると自力で戻すことができなくなります。「普段と歩き方が違うな」と感じたらなるべく早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

 

膝蓋骨脱臼の原因は?

膝蓋骨脱臼の原因は、先天性のものと後天性のものがあり、先天性のものは小型犬に多くあらわれますが、ラブラドールレトリバーなど大型犬に発症することもあります。

 

 

後天性のものでは交通事故などの大きな衝撃があったときに、膝蓋骨が圧迫され脱臼することがあります。骨が細い小型犬は、段差からの落下にも要注意です。その他、栄養不足による骨の変形なども原因としてあげられます。

 

膝蓋骨脱臼の治療法

膝蓋骨脱臼の主な治療法は外科手術になります。小型犬の膝蓋骨は小さく手術が難しいため、大きな病院での手術が多いようです。

 

 

グレード1〜2の段階では、グルコサミンやコンドロイチン配合のドッグフードやサプリメントで対処することができますが、根本的な治療には、やはり手術が最適です。グレード4まで行くと元の状態に戻りにくく、手術でも治らないことがあります。

 

膝蓋骨脱臼の予防法

先天性の膝蓋骨脱臼は予防が難しいとされていますが、外傷によるものであれば普段の生活での予防が可能です。

 

 

具体的には、床にじゅうたんやマットなどを敷いたり、できるだけ段差をなくした環境にしてあげること。フローリングだとすべりやすく脱臼を起こしやすくなります。足裏の毛も伸びると歩きにくいので定期的にカットしてあげましょう。

 

 

膝蓋骨脱臼は、食事を変えることでも予防できます。グルコサミンやコンドロイチン、カルシウムなどが含まれるドッグフードが膝蓋骨脱臼に良いとされています。また、これらはサプリメントの販売もありますので、普段の食事にプラスしてあげると安心です。

 

 

膝蓋骨脱臼におすすめのドッグフード

 

肥満も足への負担が大きいためカロリーコントロールが必要です。ただし、脂肪制限がかかった食事はあまり美味しくありません。そのため、病院での指定がない段階ではカロリー調整されたプレミアムドッグフードを選ぶと良いでしょう。具体的には、「チワワにオススメなプレミアムドッグフード」にまとめていますので、気になる方はぜひ参考にしください。

 

 

ただし、グレード3まで進んでしまったときは、食事やサプリメントで改善させることはできないので、やはり、外科手術での治療になります。