チワワの噛み癖は直せる? | 飼い方Q&A

チワワの噛み癖

チワワ

あなたのチワワは噛み癖がありますか?噛み癖はおうちの中のものを噛んでぼろぼろにしてしまって困るというだけでなく、危険なものを噛んで飲み込んでしまったりと怖いことにもなりかねません。小さくて力が弱いチワワとはいえしっかり治しておきたい悪い癖ですよね。

 


どうして犬は噛み癖が出るの?原因は?

悪い癖を直すために、まずは原因から見てみましょう。

 

 

犬の口は人間にとっての手の役割も兼ねますので、噛むということはとても大切な行為ですし、ものを認識したり運んだりするという目的のためにある意味自然ともいえます。しかし、噛み癖に関しては大きく2つの原因があります。1つ目は遊び、2つ目はストレス発散、不安の解消のためです。

 

 

1つ目の遊びに関しては、犬はもともと群れで生活をする生き物です。兄弟や仲間とじゃれあいの延長で噛みあいをしたりもします。その習性から一匹で過ごす犬も、遊びたかったり、退屈を紛らわすためにものを噛んだりします。

 

 

2つ目のストレス発散、不安の解消に関しては、よくあるのがお留守番中の一人で不安なとき、誰にもかまってもらえなくて不満があるときなどにみられる噛み癖です。人間でも落ち着かない時や不安なときにそわそわしたり、貧乏ゆすりをしてしまったりするのとよく似ています。

 

 

つまり、犬にとって噛むということは自然なことだということをまず認識してください。なぜなら実はこれが噛み癖を直す大事なポイントになるのです。

 

噛み癖を直すためには?

チワワの赤ちゃん

犬が噛むことは自然なことというポイントは原因でご案内しました。ではそこからどうやってそれを直していくかですが、「噛んでよいものを与えて噛ませてあげること」です。

 

 

もちろんダメなものを噛んでいるときにしっかり叱るということになるのですが、それだけでは犬に余計なストレスをためることになります。噛むということは犬にとっては楽しんだり、気持ちを落ち着けるという効果もあります。ただ噛むことを悪いこととして禁止したり、叱ったりするのではなく、ちゃんと認めてあげましょう。

 

 

噛んでもよいおもちゃやガムを与えてあげてください。そして、噛んではダメなものは犬が届かない場所に極力片付けてください。そのうえで噛んではダメなものを噛んでいるときにしっかり叱る、これがより効果を生み出します。

 

 

それまでの癖やお気に入りで繰り返し同じものを噛んでしまうときなどは、犬の体に害はないけど苦くて犬にとって嫌な香りを付けるスプレーなども売られてます。お留守番や目の届かない時、床から動かしにくいものなどには活用するとよいでしょう。

 

 

ただし、繰り返しになりますが、ちゃんと噛んでもよいものを与えてあげてくださいね。縄でできたものは丈夫でもちもよく、歯茎のマッサージ効果もあり口臭を抑えるといううれしい効果もありますよ。

 


歯の生え変わりのうちはちょっと待って!

チワワの赤ちゃん

しかし、まだ小さいうち、生後3〜5ヶ月ごろについては思いっきり噛ませてあげるのがいいのです。

 

 

乳歯が永久歯に生え変わる時期ですので、どうしてもむずむずとかゆい時期でもありますし、まだ小さいうち叱られていることをよく理解できませんし、何よりこのころは遊び盛りの甘えん坊です。

 

 

できればこの時期に噛んでもよいおもちゃでたっぷり遊んであげてこれからのお気に入りにしちゃうというのもよい方法です。

 


スキンシップとしてのマズルコントロールの習慣を

最後に少し、マズルコントロールという飼い主さんが犬の口や鼻、唇などの敏感な部分を触ったり、口を開けさせるなどの行為がありますが、こちらもうまく行えば噛み癖の効果もあります。

 

 

しかし、マズルは犬にとって敏感な部分です。スキンシップや歯や口の手入れの一環として行えば、犬も安心しますし効果がありますが、お仕置きの目的で行うと余計不安になって反抗的・攻撃的になるというデメリットもありますので、注意してください。