正しいトイレのしつけ方とは | チワワの飼い方

サークルはできるのに部屋に放すとおしっこをしてしまう

チワワ

室内犬であるチワワのしつけの最大の悩みともいえるのが
おトイレの失敗ではないでしょうか。
家をきれいに保つためにもとても大事なことです。
やはり、小さくてしつけが定着しやすい時期に
教えてあげるのが一番ですが、問題はある程度大きくなっての
トイレの失敗ですよね。

 

大きくなってサークルの中ではうまくできるのに、
部屋に放すと目を離したすきにいつの間にかしてしまっている
という失敗の直し方を見てみましょう。

 


トイレの失敗で間違った直し方

チワワ

「おしっこの途中で大声で叱る」
「失敗した場所に連れて行ってにおいをかがせて怒る」

 

 

よく犬のしつけで言われることですが、
その場で怒らず後で怒っても犬は何で怒られているのか理解できず
効果がないという説があります。

 

 

もちろんおトイレの失敗に関しても同じなのですが、
おしっこをするということは生理現象ですので、
むやみに怖い思いをさせてしまうのはよくありません。

 

 

臆病なチワワは「おしっこをすることが悪いことだ」と勘違いして、
ますます隠れてするようになるケースが少なくありません。
こういったことはしないようにしましょう。

 


トイレの効果的なしつけ方

それではどういった方法にお効果があるのかを見ていきましょう。

 

 

大きくなってからのトイレトレーニングは根気と愛情が大切!

まずはかなりハードルが高くなりますが、大きくなってからのトイレのトレーニングのしなおしは子犬の頃よりも大変で時間がかかるということを忘れないでください。ちょっと耳が痛い話ですが、うまくできないのは犬が悪いのではなく飼い主さんが原因という気持ちを常に持ち、「根気と愛情を持つ」これが何よりの成功の秘訣です。

 

 

トイレの失敗を直すテクニック集

 

うまくできたらほめる!ご褒美をあげる

時々失敗するという犬にやってしまいがちですが、ついつい失敗ばかりが目に行き
うまくいっても当たり前という態度で接してしまうというパターンですね。
寝起きや食後などは人間と同じでおしっこに行く確率が高いです。
あとはクンクンと床をかぐそぶりを見せるなど、
そういうときだけでも注意して愛犬を見てあげて
うまくできたらしっかりほめる、単純ですが、一番効果的な方法です。

 

 

失敗した場所のおしっこのにおいを完全に消す

市販の消臭スプレーをうまく活用しましょう。
ポイントはにおいを付け足すのではなく消してしまうことです。
しっかり洗う、ふき取るも忘れないように。

 

 

おしっこをかけたくなるものは置かない

ある程度失敗するパターンを分析してみましょう。
私自身よく聞くのがビニール袋などのカサカサとなるものや上着、靴、マットなど。
またはトイレやお風呂場、ベランダ、テレビの前、ふすまなどの決まった場所など。

 

あなたの愛犬はどうでしょう?実は犬は嫌いなものや場所におしっこをする、
目立つものにマーキングの意味でおしっこをする、環境が変わったり、
ストレスで環境を自分仕様に整えるため、エアコンなどの風向きや日当たりが影響する
なんていう説もあるくらい様々ですが、
犬がおしっこをするということには意外ときちんと意味があるものです。

 

行動パターンをよく見ることで、配置を変えたりするなどを心がけることで
案外治るということもよくあります。

 

 

トイレのシーツに少しだけおしっこを残しておく

トイレシーツを取り換えるときに、あえて少し古いシーツをちょんちょんとくっつけて
愛犬のおしっこのにおいを残してあげてみてください。
お散歩の時もそうですが、
犬はある程度自分のお気に入りのおしっこスポットを持っています。

 

家の中ではトイレをこの場所にすればいいわけで、
毎回完全ににおいをなくすのではなくちょっと残しておいてあげるだけでも
犬は鼻がよいので十分です。
これは実は私のチワワにとても効果があった方法でおすすめです。

 

 

いかがでしょうか。
どの方法も一回や二回ではもちろん効果がありません。
根気と愛情をもって繰り返し時間をかけてあげて下さい。