クレートトレーニングって何? | チワワの飼い方

クレートトレーニングとは?

犬用ケージ

クレートトレーニングってご存知ですか?最近ちょくちょく聞くようになりました。クレートとは持ち運びができるケースのことで、キャリーケースやなどもこの一種です。トレーニングというとなんだか大げさな印象ですが、実はそれほど難しくなく、いろんなメリットもありますのでご紹介します。

 

 

まず用語からですが、クレーとトレーニングとは、主にお出かけの前などに犬が自発的にゲージに入るようにする訓練のこと。犬によっては全く必要ないということも珍しくありません。

 

 

どういう犬に必要かというと、ゲージに入れようとすると抵抗したり、暴れたりするような場合です。しかし、実はこういったケースは飼い主さんにも反省すべき点があることも。病院に行くときや、苦手なドライブや長期のお留守番でホテルに預ける前など、犬にとってゲージに入ることが嫌なことというパターンになっていませんか?

 

 

そうでない限り、案外簡単にクレートトレーニングは簡単にできるものですし、自分から進んで入らなくても飼い主さんが入れてあげることをすんなり受け入れられれば特に問題もありません。嫌がってしまう犬の場合でも、上手に普段から誘導してあげることで案外簡単に直してあげられますので安心してください。

 


クレートトレーニングのメリット

はなまる

このトレーニングが簡単だといえるのは、犬は普段から自分の居場所を持つことが好きで、意外と狭い場所でくつろぐことが嫌いではないからです。なわばりというと大げさかもしれませんが、「いつもの自分の場所」という定位置になるようにトレーニングしましょう。

 

 

メリットとしては、定位置があることで犬がリラックスできる場所を見つけられること。移動先でテンションが上がった時でも、いつもの場所(クレート)があるので落ち着きやすくなります。

 


クレートトレーニングの具体的な方法

お出かけの時などの特別な場合にだけクレートに搭乗させるのではなく、普段から犬が入れるようにするのが一番確実です。

 

 

獣医
そこを居心地がいいようにクッションやマットを置いてあげたり、お気に入りのおもちゃを置いてあげたりしてみましょう。ご褒美をあげるたびにそのゲージに入るようにするというのもよいでしょう。

 

 

普段使っている自分のにおいが付いたものならなおさら自然と入りやすくなります。できるだけ置き場所を犬がくつろげる「静かだけど飼い主さんがいつでも目に入る安心できるポジション」にするのもポイントです。そして、お出かけの時はそれごと出かけてしまいます。

 

 

つまりそこに入ることが嫌なことというイメージにしなければよいのです。

 

 

犬が小さい場合はたいていこれでうまくいきますがクレート(ゲージ)をみるだけで嫌がってしまうという風に犬が覚えてしまった場合は思い切って新しく新調するのが手っ取り早いかもしれません。