チワワに目やにが出た時の対処方

チワワと目の病気

チワワ

うるうるしたつぶらなおめめが特徴のチワワですが、
その飛び出している目には意外とトラブルが多いことで
知られています。

 

常に涙があふれて止まらない状態とまではいかなくても
涙の量が多いようだと、流涙症という病気が考えられます。

 

 

通常、出すぎた涙は鼻水となってぺろぺろなめてしまうので問題ありませんが、
重度の場合は鼻が詰まりが生じ、呼吸しにくくなることも。
常に濡れているので自分の毛やほこりが眼に入ってしまうという危険もあります。
そうすると眼球が傷ついたり、結膜炎や角膜炎と呼ばれる症状になってしまうこともあります。

 


チワワに多い流涙症(涙やけ)とは

獣医

涙やけは、色が白や薄いワンコに多く見られる病気です。
涙やけというくらいなので焼け跡のように茶色いというか
赤茶っぽいというか、目頭からぽっぺにかけて色が変わってしまう
症状です。

 

 

チワワは涙のトラブルが多いうえ、お鼻が短く、これもまた涙やけができやすい
条件が残念ながら多いことを覚えておきましょう。

 

 

また片目だけが様子がおかしいようなら毛やホコリだけでなく、
シャンプーが入ってしまったり、逆まつ毛、涙でまつ毛が常に眼球に入っている
などの原因も考えられます。

 

 

まつ毛が目の中に入りっぱなしで平気そうにしているなんてこともよくあるのですが、
獣医さんで流してあげれるように目薬がもらえます。
よく入ってしまう子は相談するのもよいでしょう。

 

 

目に関しては日ごろから、涙が多すぎないか、目に入るほど毛が長くなっていないか、
また目の周りが汚れていないかなどチェックするようにしてあげてください。

 


チワワに急に目やにが発生!?

チワワ

目の病気やトラブルのバロメーターになる目やにですが、
目やにの色が緑や黄色っぽいようなら、
なんらかの感染症になってしまっている可能性もあります。

 

 

その際は、目からの他の部位への感染、失明などの
可能性もありますのですぐに病院で診てもらうようにしましょう。
どれくらいの量が出るのかはその子によってまちまちですし、
体調や部屋の湿度によっても変わってきます。

 

 

また、自分の前足で猫が顔を洗うような動作や体にこすりつける動作で
取ってしまうこともありますので、診察の際、目やにが無くてもそういう癖が見られる子は
お医者さんにそのことを伝えてみてもらうようにしましょう。