フローリングに要注意 | チワワの飼い方

フローリングに要注意

フローリング

チワワはもともと小さく細い脚なので関節が弱く、室内で飼うにはいろいろと注意することがあるのはご存知ですよね。とくにフローリングは滑りやすく関節に上下だけでなく横に滑ることによって負担がかかり、さまざまな病気を引き起こします。

 

 

 

チワワがかかりやすい関節系の病気

 

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨(しつがいこつ)とは「ひざのお皿」のことで、ひざを曲げ伸ばしするときの靭帯をさらに動かすための骨のことで脱臼とはそこが外れてしまうことを言います。犬のひざのお皿ってどこ?と不思議かもしれませんが足のちょうど真ん中のくびれの部分、お尻から足の裏にかけて下がっていった関節のことです。この骨は靭帯でつながっているので、脱臼するとその靭帯が動かなくなり、足に不自由な症状が出てしまうんです。

 

椎間板ヘルニア

椎間板とは背骨の間を埋めているクッションの役割をするもので、ヘルニアとはそれがつぶれたり、傷ついたりして変形してしまうことを言います。

 

頸椎ヘルニア

頸椎とは首の骨のことで背骨と同じです。痛みを伴うだけでなくその周りの神経をこちらもその間が傷ついてしまうことを言います。どれもフローリングで歩くときに変な力が入ったり、歩き方に変な癖がつくことが原因の一つともされ、大事な神経を傷つけ重度になると半身不随、歩行困難、排泄障害を引き起こすこともあります。

 


フローリングが苦手な犬種は?予防できる?

プードル

フローリングが苦手な犬種には、いくつか特徴があるのですが、足が細いく元々が弱い、体が小さく床に足が接する面積が少なく安定しにくい、体重が軽く走ったりしてそのまま勢いで滑りやすい、体高が低く見上げる事が多い、胴が長く腰に負担がかかりやすいなどです。チワワ、ダックスフンド、ヨークシャーテリア、プードル、ミニチュアピンシャー、テリアなど小型の室内犬は注意が必要です。

 

 

【フローリングによる病気を予防する方法】

カーペットやマットを利用して一番は滑らないようにすることです。抜け毛が絡まったり掃除の手間から考えると面倒かもしれませんが愛犬の大事な健康の為です。
どうしてもフローリングを残したい場合は専用の滑りにくくなるワックスを塗るという方法もあります。また爪を切らずに長く伸びたままの状態だと、どんどん肉球が床につきにくくなりより滑りやすくなります。割れて痛い思いをする原因にもなりますので、フローリングの場合は特にきちんと切ってあげましょう。